2014年11月14日

短距離とウェイトトレーニング

陸上シーズンも終わり、冬期練習となります。
選手はそれぞれ今シーズンの反省と課題を見つけて、冬期練習でそこを改善していきます。

私は現役復帰して1年目だったので、とにかく走力・筋力の底上げをしてきました。
やれるだけの事をやって、満足のいく肉体は作ることができました。ただ...

目標としていた100mを10秒台で走る事ができませんでした。

そして何が足りないのかを考えました。10秒台で走る選手との違い。自分の走りと何が違うんだ?

先日、41歳で100m10秒86という驚異的な記録を出した渡辺選手。その方の走りは力が入ってない。
それで下り坂を降りるように自然に加速しているんです。本当にすごい。

あの走りはすごく参考になります。まだお会いしたことはありませんが、世界記録を狙うリレーメンバーでも
あるので、あと少しで会うことができます。できるだけあの技術を盗みたい。

とにかく今年の冬は、

【リラックスして体を柔らかく使い、下り坂を降りるような走り】


これをテーマに冬期練習を17日から開始します。
今までウェイトをガツガツやってきましたが、見直します。具体的には必要のない種目を省き、重量を上げすぎず
関節可動域をしっかりフルで使えるようにします。

必要のないという言い方は極端ですが、例えば腕(上腕三頭筋、二頭筋)や、大腿四頭筋(前モモ)
については必要ありません。自然な走りに太い脚や太い腕はいりません。

※黒人選手はデカい!という話は別物と考えてください。あれは違いすぎます...。

ですので、春先に「筋肉落ちた?」って言われるかもしれません。

トレーナーとしてはマイナスポイントかもしれませんが、世界記録を狙う以上は走る為だけの身体を作ります。


短距離とウェイトトレーニング
全日本マスターズ200m写真。






同じカテゴリー(トレーニング)の記事画像
中学1年生脛骨骨折から復帰へ向けて
前十字靭帯断裂からの復帰へ向けて
階段ダッシュ結果。
階段ダッシュ選手権詳細。参加者募集!
脚の筋肉が
ウォークマンいいねこれ!
同じカテゴリー(トレーニング)の記事
 中学1年生脛骨骨折から復帰へ向けて (2014-12-11 17:42)
 前十字靭帯断裂からの復帰へ向けて (2014-11-18 19:46)
 階段ダッシュ結果。 (2014-08-21 10:35)
 階段ダッシュ選手権詳細。参加者募集! (2014-07-29 13:27)
 第三回階段ダッシュ選手権 (2014-07-23 19:33)
 脚の筋肉が (2014-06-10 12:26)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
短距離とウェイトトレーニング
    コメント(0)